加齢臭・ミドル臭が気になり始める40代の加齢臭対策について掘り下げてます。

加齢臭が気になる40代

中年と言われる年齢になると気になるのが加齢臭。
最近ではミドル臭とも言われるようです。

ニオイは自覚しにくい問題ですし、他人の体臭については指摘しにくい問題です。

最近では男性だけでなく、女性も加齢臭を発するケースがあるようです。

では、まず一般的にいくつくらいから、加齢臭対策が必要になってくるのでしょうか。
男性や女性の加齢臭が、発生し始める年齢について掘り下げてみましょう。

加齢臭対策が必要なのはいくつから?

首をかしげるサラリーマン

加齢臭の発生には、個人差があります。
早い人だと、20代くらいから、加齢臭成分が発生している人もいます。

一般的には、40代くらいから、加齢臭を気にする人が増えてきます。
30代でも加齢臭を気にし始める人がいますが、40代に入ってからは、自分も周りも気がつくほど、加齢臭がはっきり認識できるようになってきます。

40代から加齢臭を気にし始めるのは、基本的には男性です。

女性は50代に入ってから、加齢臭成分が認められる事が、多くなっています。
閉経後にホルモンバランスが乱れて、加齢臭が発生するのでは無いか、と考えられていますが、はっきりとした事は分かっていません。

加齢臭対策は、男性なら40代、女性なら50代と覚えておくと良いでしょう。

男性と女性で違いがあるの?

男性と女性で、加齢臭に何か違いがあるのでしょうか。

発生年齢が違いますが、それ以外にも違いがあります。

例えば、加齢臭が発生し続ける期間が違ってくるようです。
男性の場合は、40代から加齢臭が発生し、60代にかけて加齢臭成分が増えていく傾向にあります。

しかし、60代を過ぎると、男性ホルモンが減っていき、加齢臭の原因となるノネナール成分も減っていくのです。
皮脂の分泌が、60代を過ぎると減ってくるために、加齢臭も減ると言われています。

一方女性は、50代から加齢臭が発生し、60代を過ぎてもまだ続いていきます。

男性の臭いの原因は、主に皮脂なのに対し、女性の場合はホルモンバランスが関係しているようなので、60代を過ぎても臭いが続いていくのです。

加齢臭発生のメカニズム

男性の加齢臭の発生メカニズムは、かなり解明されてきています。

皮脂が酸化すると、ノネナールという成分が発生します。

このノネナール成分が、不快な臭いの原因となっているのです。

毛根の中や頭皮、さらに他の皮脂腺が発達している所に、ノネナール成分が発生すると言われています。
頭皮以外に、Tゾーンや脇の下、首回りに皮脂腺が多いので、加齢臭が発生しやすくなっています。

加齢臭対策が必要になるのは、男性なら40代ころです。

女性の場合は、50代からを目安に、加齢臭対策をしていきましょう。
男性の場合は、ノネナール成分が加齢臭の元となっていますので、皮脂腺を意識した加齢臭対策が必要です。

自分ではわからない加齢臭を自己チェックする方法とは

鼻をつまんでいる女性

加齢臭の発生する年齢が低年齢化しているので、加齢臭を定期的に、自己チェックすることは大切です。

自分の臭いは慣れてしまいやすいので、周りに迷惑を掛けないためにも、自己チェックは重要になってきます。
どのような方法で、自己チェックが出来るのか、確認してみましょう。

加齢臭を自分でチェックする方法

臭いが発生しやすいおでこや耳の後ろなどを、ティッシュで拭きとって、臭いを嗅いでみましょう。
出来れば、1日の終わりが自己チェックをするのに、適しています。

皮脂が酸化すると、加齢臭が発生するので、1日の終わりは、皮脂の酸化した状態を確認するのにベストです。

頭皮は皮脂の分泌が多いので、加齢臭を確認しやすくなっています。
枕カバーや、シーツなどの臭いも嗅いでみて下さい。

もし嫌な臭いがしたり、家族に確認してもらって、臭いがきついと言われたりしたら、加齢臭が発生しています。

病院で確認する方法

加齢臭は、家庭でも確認できますが、病院に行って臭いを測定してもらうことも可能です。
スメルハラスメントという言葉があるように、社会的に臭いには敏感になっています。

臭いの治療などを、積極的に行っている病院がありますので受診してみると良いでしょう。

加齢臭は自分では、臭いに慣れてしまっているのでなかなか分かりにくいですし、家族も遠慮してはっきりと伝えてくれないことがあります。

病院だとお医者さんは遠慮せずに、はっきりと臭いを確認してくれるでしょう。

確実に自分の加齢臭の度合いを知ることが出来ます。
病院ではキレーション治療をしてくれたり、超音波やレーザーを使ったりして治療を行ってくれますよ。

自己チェックはどうして大切なの?

加齢臭の自己チェックをしておくことはとても大切です。

人間は自分の臭いに順応してしまうと嫌な自分の臭いに気がつかなくなります。

周りの人は、すぐに異質な臭いに気がつくので、人間関係が悪化することがあります。

体の臭いのことを、相手に伝えるのは、簡単なことでは無いので、周りは伝えてくれません。
伝えない代わりに、徐々に避けるようになってきます。

人が近づかなくなってきたなと思ったり、さりげなく鼻を押さえたりする仕草をするなら、すぐに加齢臭の自己チェックをして下さい。

自分では分からない加齢臭を自己チェックするには、臭いが発生する額や耳の後ろをティッシュで拭いて嗅いでみることです。
枕カバーなどの臭いを確認したり、病院で診察してもらったりすることも役立ちますよ。

女性でも加齢臭対策が必要?忙しい人が注意したい事とは

腕を組んで悩む若い女性

加齢臭なんて、中年男性の問題だと思っていたら大間違いです。

実は女性でも、加齢臭対策が、必要と言われています。

忙しい女性が、特に注意しなければいけないと言われています。

女性が加齢臭に気をつけるべき理由と、忙しい女性が注意するべきポイントを解説していきます。

女性でも加齢臭対策が必要なの?

女性の加齢臭は、女性ホルモンが減少していく時に発生しやすいと考えられています。

加齢臭というのは、皮脂の分泌が多くなる年齢に発生する物です。
皮脂の分泌量が増え、皮脂が酸化するとノネナール成分が発生し悪臭を発するのです。

女性ホルモンが多いと皮脂があまり発生せずノネナール成分も少ないのですが、閉経すると女性ホルモンが減ります。

閉経後は、女性ホルモンが減少するので男性ホルモンの割合が増します。

男性ホルモンが活発に働くようになると、皮脂が増えて、加齢臭が発生しやすくなるのです。

女性の加齢臭対策とは?

女性の加齢臭が発生しやすいのが、脇や背中、胸元や耳の後ろとなっています。

デリケートゾーンや頭皮も、臭いの元となる皮脂腺が多いので注意して下さい。

これらの発生場所を、お風呂に入った時に、殺菌作用のある石鹸やシャンプーを使って、丁寧に洗うようにしましょう。

食生活に気をつける事によっても、加齢臭対策をしていく事が可能です。
脂肪分の多い食事をすると、皮脂が分泌されますので、和食を中心とした食生活を意識して下さい。

肉の中に含まれる動物性の脂肪は、皮脂を増やすだけではなく、皮脂の臭いを強くする作用がありますので、注意しましょう。

忙しい人が注意したい事

忙しい人は、ストレスを抱えやすくなり、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。
女性の場合や、ストレスを我慢して、体調を崩す事があるので、注意しましょう。

大豆製品を中心に、食事を取る事によって、女性ホルモンの働きを活発にしたいと思います。
植物性のイソフラボンの摂取が、加齢臭対策にもなります。

イソフラボンのサプリメントを飲む事も出来ますし、味噌や醤油、そして納豆などの大豆製品を、意識して食べる事も出来るでしょう。

ストレスは、皮脂の臭いを悪化させる酸化を早めてしまいます。

抗酸化作用の高い、ブロッコリーやピーマンをよく食べて下さい。
忙しい女性は、ビタミンCを含む抗酸化作用の強い野菜を、食べるようにしましょう。

女性でも加齢臭対策が必要となっています。

ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが減少する事で、加齢臭が発生していきます。
皮脂腺がある部分を丁寧に洗い、ホルモンバランスを整えるような食生活をして、加齢臭対策を取っていきましょう。

加齢臭対策に使える市販のデオドラント剤選びについて

チューブからクリームを手のひらに出している

加齢臭対策に使える市販のデオドラント加齢臭対策のために、市販のデオドラント剤を買うことがあるでしょう。

沢山のデオドラント剤があるのでどれを選んだら良いのか迷うかも知れません。

デオドラント剤を選ぶ時に、どんなポイントに注意して、買ったら良いかを説明します。

加齢臭対策のデオドラント剤の選び方

加齢臭というのは、皮脂が酸化してノネナール成分が発生することが原因です。

デオドラント剤を選ぶ時には、皮脂が酸化することを防ぐ抗酸化物質が入っている物を選ぶのが基本です。

柿渋の成分は抗酸化作用が高いので効果的で、ポリフェノールが含まれているものも抗菌作用や消臭作用があることで知られています。

消臭の力や殺菌力がどれくらいの時間続くのかもチェックしましょう。

長時間の効果が続く物のほうが、夏などは安心ですし経済的です。

デオドラント剤によっては香りがついているものがあります。

無香料の物を買ったほうが良いでしょう。

加齢臭と、デオドラント剤の香りが混ざると、不快な臭いになることがあります。
柑橘系の香りがついていると、ノネナール成分と反応して臭いがきつくなると考えられていますので注意しましょう。

人気のデオドラント剤の特徴

加齢臭対策に人気のデオドラント剤は、柿渋成分の柿タンニンが配合されている物です。

無添加だったり、無香料だったりすると、自分だけでは無くて子供も利用できるので便利です。

保湿効果があるデオドラント剤だとデリケートゾーンでも利用できるので人気があります。

肌が乾燥すると皮脂が大量に分泌されて、加齢臭がひどくなることがあるので、保湿効果があるデオドラント剤を選ぶのは、大切なポイントです。

デオドラント剤の使い方で覚えておくべき事

デオドラント剤を選ぶ時に気をつけるべきなのは、殺菌作用ばかりが強調されている物です。

加齢臭は、皮脂の中から臭いが発生しているので皮脂の表面を殺菌しても臭いは無くなりません。
消臭効果が高い物を選ぶようにして下さい。

デオドラント剤の効果を高めるには、汗や汚れを洗い流してからの方が良いでしょう。
患部を清潔な状態にしてからデオドラント剤を使うようにして下さい。

汗や皮脂に、デオドラント剤が混ざってしまうと臭いが強くなることがあります。
シャワーを浴びた後や日中でもウェットティッシュで患部を拭いた後にデオドラント剤を使いましょう。

加齢臭対策に使える、市販のデオドラント剤を選ぶ時には、抗酸化成分が配合されていたり保湿成分が入っている物を選んで下さいね。

投稿日:

Copyright© 加齢臭が気になる40代 , 2019 All Rights Reserved.